スタッフ紹介

生殖技術部門

生殖技術部門は胚培養士によって構成されており、人工授精あるいは体外受精のために皆様からお預かりした精子や卵子の調整、受精卵の培養および管理を担当しております。臨床に必要な生殖生物学の知識と技術を持っていることを示す、日本哺乳動物卵子学会が認定する生殖補助医療胚培養士の資格取得を積極的に行い、スタッフのレベルアップを図っています。また、培養室の維持・管理・設計ならびに、胚培養士の指導や医師への適切な助言を行う上級資格である、管理培養士も在籍しております。日々、得られる臨床及び研究データを関連学会へ参加・発表し、学会で得られた生殖医療の最新知識・情報を現場へフィードバックすることを積極的におこなっております。

質の高い培養士を教育することにも力を入れるため、段階的な教育プログラムを組み培養室のレベルを高水準に維持し、患者様には質の高い生殖補助技術を提供できるよう、部門全体で努めております。
患者様が胚培養士と直接お話しできる『たまご相談室』を行っておりますので、体外受精をしている・していないに関わらず、精液検査や胚培養に関する些細な疑問や不安などがありましたら、ぜひご予約ください。