スタッフ紹介

生殖技術部門

生殖技術部門は胚培養士によって構成されており、人工授精あるいは体外受精のために皆様からお預かりした精子や卵子の調整、受精卵の培養および管理を担当しております。臨床に必要な生殖生物学の知識と技術を持っていることを示す、日本哺乳動物卵子学会が認定する生殖補助医療胚培養士の資格取得を積極的に行い、スタッフのレベルアップを図っています。また、培養室の維持・管理・設計ならびに、胚培養士の指導や医師への適切な助言を行う上級資格である、管理培養士も在籍しております。日々、得られる臨床及び研究データを関連学会へ参加・発表し、学会で得られた生殖医療の最新知識・情報を現場へフィードバックすることを積極的におこなっております。

質の高い培養士を教育することにも力を入れるため、段階的な教育プログラムを組み培養室のレベルを高水準に維持し、患者様には質の高い生殖補助技術を提供できるよう、部門全体で努めております。
患者様が胚培養士と直接お話しできる『たまご相談室』を行っておりますので、体外受精をしている・していないに関わらず、精液検査や胚培養に関する些細な疑問や不安などがありましたら、ぜひご予約ください。

佐藤 学
技師長
工学博士・生殖補助医療管理胚培養士 日本卵子学会代議員

はじめまして、佐藤と申します。皆様からお預かりする精子、卵子のお世話をさせていただいています。不妊治療の技術は常に進化しており、その発展に研究、技術改良は不可欠になっています。その研究成果や新しい技術を積極的に取り入れながら根拠に基づいた医療技術を患者様に提供できますように励んでまいります。

(2012: Ovarian conference 2012)
「IVMの臨床成績向上のポイント」
(シンポジウム、2011:第29回日本受精着床学会)
「体外成熟‐体外受精法(IVM-IVF)における採卵時の主席卵胞径は臨床成績に影響を及ぼす」
(2010:第51回日本哺乳動物卵子学会)
「The diameter of leading follicle on the day of oocyte retrieval affects clinical outcome in IVM cycles.」
(2010:26th ESHRE)
「IVM-IVFとIVFにおける卵のクオリティー」
(シンポジウム、2010:第6回東京受精・胚移植研究会)
「IVMの臨床成績を向上させるには」
(ワークショップ、2010:第28回日本受精着床学会)
「Proteomic Analysis of the Mouse Ovary in Response to Two Gonadotropins, Follicle- Stimulating Hormone and Luteinizing Hormone.」
(The JRD Outstanding Paper Award in 2009を受賞。近畿大学共同研究、2009:第103回日本繁殖生物学会)
「LH induced dynamic changes of protein content and composition from the preovulatory to periovulatory phases.」
(近畿大学共同研究、2009年:65th ASRM)
「LHは卵巣内タンパク質発現を一過性に誘起する-外因性ゴナドトロピン制御下におけるマウス卵巣プロテオーム解析-」
(近畿大学共同研究、2009:第27回日本受精着床学会)
「至適採卵時期決定に関与するバイオマーカー候補タンパク質の探索:マウス卵巣プロテオーム解析によるアプローチ」
(近畿大学共同研究、2008:第26回日本受精着床学会)
「GSEタンパク質は、相互作用候補タンパク質と生殖細胞の成長期に相互作用する。」
(近畿大学共同研究、2008:第101回日本繁殖生物学会)
「胚盤胞培養液をどのように選択するか。-細胞数を考慮した実用化試験-」
(2007:第25回日本受精着床学会)
「受精障害をどのように判断し、対応するか?」
(2007:第10回日本IVF学会)
「過排卵処理過程のマウス卵巣におけるプロテオーム解析」
(近畿大学共同研究、2007:第52回日本生殖医学会)
「初期胚における細胞分化に関与するGSEタンパク質」
(近畿大学共同研究、2007:第100回日本繁殖生物学会)
「Gardner分類は移植後の発育能を反映するか?-細胞数による検討-」
(2006:第24回日本受精着床学会)

松本 由香
副技師長
生殖補助医療胚培養士・臨床検査技師

こんにちは。胚培養士として皆様の卵子や精子のお世話をさせて頂いています。
皆様の幸せのお手伝いが出来ることをうれしく思っております。少しでも多くの方のお役に立てるように頑張ります。よろしくお願い致します。

「授精方法と年齢による流産胎児染色体異常率の検討」
(2011年:第29回日本受精着床学会)
「Dose ICSI increase the incidence of chromosomal aberration in embryos?」
(2011年:67th ASRM)
「刺激周期における血中ホルモン値が胚の質に及ぼす影響」
(2009年:第27回日本受精着床学会)
「分割期胚の単一胚移植は有効か?
-分割期単一胚移植と二個胚移植の臨床成績の比較-」
(2009年:第54回日本生殖医学会)
「胚盤胞の形態評価と胎児染色体異常の関連」
(2013年:第58回日本人類遺伝学会)
「不妊治療における流産回数と胎児染色体異常の関連性」
(2012年:第57回日本生殖医学会)
「胚盤胞の形態評価と胎児染色体異常の関連」
(2014年:第9回日本生殖再生医学会)

中野 達也
主任
生殖補助医療胚培養士

より多くの方が笑顔になっていただけるように、精一杯お手伝いさせていただきます。
何かわからないこと不安なことがありましたら、気軽にご相談ください。

「胚盤胞栄養膜細胞生検のための透明帯開孔方法の検討」
(2013:第8回日本レーザーリプロダクション学会)
「Trophectoderm biopsy among the different growth blastocyst stages for preimplantation genetic diagnosis」
(2012:4th ASPIRE)
「Optimal blastocyst stage for trophectoderm biopsy in array comparative genomic hybridization」
(2012:28th ESHRE)
「着床前診断における成長段階別胚盤胞の生検時期の最適化と凍結融解の影響」
(2012:日本生殖工学会学術集会)
「着床前診断を目的とした発育段階別胚盤胞からの栄養膜細胞採取の検討」
(2012:第12回関西着床前診療研究会)
「着床前診断(PGD)を目的とした胚盤胞栄養芽細胞採取の至適時期の検討
-初期胚盤胞と完全脱出胚盤胞の比較-」
(2011:第26回日本生殖免疫学会)
「胚盤胞まで発育する多核胚はArray Comparative Genomic Hybridization解析により高い正常率を示した」
(2013:第31回 日本受精着床学会)
「Chromosomal analysis by array comparative genomic hybridization reveals high normality of blastocysts that develop from embryos containing multinucleated blastomeres」
(2013:American Society for Reproductive Medicine 69th Annual Meeting)
「着床前診断を目的とした成長段階別の胚盤胞栄養膜細胞採取についての検討」
(2013:日本受精着床学会雑誌 30(1):70-74)
「The appearance of multinucleation at 2-cell stage does not adversely affect the implantation potential」
(2014:30 th ESHRE)
「第一卵割における早期正常分割の確認が発育予測に重要」
(2014:第59回 日本生殖医学会)
「Relationship between the periods required for the first mitosis of embryos and their developmental potential」
(2015:第60回 日本生殖医学会/IFFS)
「高齢患者において胚発育速度は8細胞期以降で遅延する」
(2016:第57回 日本卵子学会学術講演会)
「当院における均衡型染色体異常症例を対象とした着床前診断の現状」
(2016:第61回 日本生殖医学会学術集会)

河野 恵美子
副主任
臨床検査技師

初めまして、臨床検査技師の河野です。
主に検査室でホルモン測定などをさせていただいてますが、採血業務もさせていただいています。
負担が大きい採血ですが、少しでも皆様の負担を減らせるように微力ながら努力していきますので、よろしくお願いします。

「潜在性甲状腺機能低下症の治療は流産を減らすことが出来るのか?」
(2014年 第59回日本生殖医学会学術講演会)

堀金 聖羅
副主任
生殖補助医療胚培養士

こんにちは。皆さまからお預かりした卵子、精子を大切にお世話させて頂いております。
また説明会等でも僅かではありますがお顔を合わさせて頂いております。
安心して治療に取り組めるようより丁寧に、わかりやすい説明を心がけておりますので、不安な事があれば気軽にお声かけ下さい。
宜しくお願い致します。

『人工授精から体外受精へステップアップが必要な精液所見とは?』
(2014年:第59回 日本生殖医学会)
『POF患者において卵胞発育の早期に得られた卵子は有用か?』
(2015年:第33回日本受精着床学会総会学術講演会)
『Day3分割期胚移植の胚選択は難しい』
(2016:第61回 日本生殖医学会学術集会)

市橋 佳代
リーダー
臨床検査技師

はじめまして。臨床検査技師の市橋です。
私は主に検査室でホルモン測定や不育症の検査を行っております。
また、検査に必要な採血もさせていただいています。
検査のことで何かわからないことがあれば気軽に声をかけて下さい。
よろしくお願いいたします。

「不妊症患者における甲状腺自己抗体測定の意義」
(2015年:第33回日本受精着床学会総会学術講演会)

田中 智子
リーダー
生殖補助医療胚培養士

患者様の想いを想像しながら、たまごの取り扱いをさせて頂いております。命の原点に携わることに喜びと責任を感じ、患者様に誠心誠意で寄りそえる培養士であり続けられるよう努力してまいります。
生殖補助医療に関する情報を提供することも私たちの努めと考えております。気になることがございましたら、些細なことでも構いませんのでお声掛けください。

和泉 広樹
リーダー
生殖補助医療胚培養士

胚培養士の和泉と申します。
皆様からお預かりした卵子、精子を大切にお世話させていただいております。
卵子や精子、胚について気になること疑問に思ったことがあればお気軽にご相談下さい。

道脇 悠加
リーダー
臨床検査技師

はじめまして、臨床検査技師の道脇です。検査室でホルモンや不育症などの検査を行っております。
採血も担当しておりますので検査で分からないことがあれば、お気軽にお声かけ下さい。宜しくお願い致します。